選びに選んだ輸入クロスと厳選した素材選びで、シンプル&洗練された空間づくりを実現。

対応力と技術力で頼れる存在でした

アフターケアまでしっかりしていて安心できると思ったのが、JR九州住宅に決めた理由でした。思っていた通りに対応がよく、当初から設計士がつき、何回も打ち合わせをしたことで納得のいく家づくりができたと言います。特に奥様がこだわり、リビング、寝室、玄関に使った輸入クロスは、材質が紙である上に、柄合わせが難しいとあって職人泣かせ。設計と工務・現場の方々の良好な関係と、職人さんの技術で見事に対応していただきました。

北欧のイメージで統一したい

家全体を、シンプルで洗練された北欧のイメージで統一感を持たせていくことで、調和のとれた美しい空間に。ホワイトとナチュラルカラーを基調とした床やクロス、建具にグリーンのカーテンが絶妙のアクセントとなっています。細部にこだわり、設備・素材は見本や写真ではわからないので、休みの度にショールームを回り、ほぼ全てのメーカーを見て検討しました。

念願のペニンシュラ型キッチン

ダイニングテーブルと並行にレイアウトしたペニンシュラ型キッチンでは、リビングから庭先まで見渡せるので、料理をしながらテレビを見たり、二人で会話をしたりと、素敵な時間が過ごせています。子供が生まれたらここから遊んでいる子供たちを見守りたいと夢が膨らみます。

1階と2階を住みわけて

1階は食べたり遊んだりするスペースで、2階は眠るためのスペース。部屋をしっかり住み分けたかったので、1階に大きなウォークインクローゼットを設け、家事&生活機能を集約しました。2ボウルの洗面台も、忙しい朝にとても便利です。また、庭にはウッドデッキを造って犬を飼うことも検討中。今はまだまだ未完成な家ですが、「二人で少しずつ造っていくのが、楽しみです」と話してくれました。

洋風の住宅が好きな奥様に合わせた北欧風の外観で出来上がりました。設備にもこだわり、造作の洗面、幅広の床材など見どころたくさんの家です。これからお二人のアイデアを持ち寄り、外構が完成した家が楽しみです。

ページトップへ